愛車の傷

愛車の傷、どうやって直す?

愛車の傷 header image 2

深いキズの直し方

2015年04月21日 · コメント(0) · 未分類

車は様々な場所に活用する乗り物なので、キズが付く可能性は常に有りますし、気を付けていても単純なミスで傷が付いてしまいます。
浅い傷は自分で直す事が出来ますし、市販のキットを利用して手軽に行えますが、深いキズはタッチアップを行い隠したとしても、段差が残り光の当たり方でキズが見付かります。
深いキズが付いた場合の対処としては、プロの修理サービスを受ける事が安心出来る選択ですし、失敗に対する不安は発生しないので、お金で解決出来る現実的な方法です。
自分で直せると判断した場合は、キズを埋めて段差をなくす事が欠かせませんから、作業時間や労力が必要になりますし、失敗を覚悟して挑戦する事が重要です。
キズ直しの基本としては、ヤスリを掛けて傷を平らにする事が最初の作業で、勇気を出して思い切り削る事が大切ですが、慎重さも重要で様子を見ながら作業を進めます。
ヤスリ掛けを行い傷を慣らした後は、必要に応じてパテを埋める作業を行い、段差を埋めて平らにした上で、塗装をして全体の違和感を無くします。
塗装を行う場合は、ごみを巻き込まない事が重要ですから、洗浄して汚れを落とした後に、水分を良く拭き取り乾燥する事が欠かせ無い作業です。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。